色選びのポイント

外壁塗装 三島市

カラーリングにこだわりましょう

外壁塗装における「カラーリング(色)」のお話をします。案外トラブルが起きやすい要素ですので、気を付けましょう。「別に塗装自体が上手くいけば、カラーリングなんて気にしないよ。とにかく安くして」という人もいるかもしれません。

ですが、帰宅するたびに家のカラーリングを見ることになるわけですから、甘く見てはいけません。「いや、だからそれも気にしないんだって!」と思うかもしれませんが、カラーリングで失敗すると本当に何年も慣れることができないかもしれません。

仮に外壁塗装が「数か月に一回行うようなもの」であれば、話は変わっていたことでしょう。むしろ、「カラーリングのネタがない!」という事で困るかもしれません

ですが、実際には外壁塗装は、頻繁に行うケースでも8年に1度程度しかしないものです。塗料などによっては「一度塗ったら20年は次の塗装をしなくていい」という場合もあります。そうなると、人生で2~4回くらいしか外壁塗装は経験しないと言えますよね。

ここまでの解説で「やっぱりカラーリングのこともちゃんと考えよう」と思っていただけたのではないでしょうか。


人気カラーを5つ挙げていきます

では、外壁塗装における最近のトレンド色を5つ挙げていきます。もちろん他にも様々なカラーがありますが、迷ったらこれらから決めてみてはいかがでしょうか。

1:グレー系統

外壁塗装 函南町

恐らく人気ナンバーワンカラーです。ちなみに、ナンバーツーは「ベージュ系統」なのですが、この2色で「一戸建ての外壁塗装の色」の約半分を占めるとされています。

グレー系統は、「落ち着きがあって、大人っぽい感じにしたい」という人に向いています。大部分のカラーとの相性が良いので利便性も高いです。また、洋風の建物にも和風の建物にもマッチします。

グレー系統に関しては「ブラックとホワイトの割合」がとても重要ですので、外壁塗装企業と丁寧に話を詰めてくださいね。


2:ベージュ系統

外壁塗装 三島市

グレー系統が「大人っぽい落ち着き」であれば、こちらは「柔らかい落ち着き」といったところでしょうか。様々な色に合いますし周りの風景との相性も良くなりやすいので、こちらも発注数が多いです。

ちなみに、グレー系統にも言えることですが「汚れが付着しても目立ちにくい」という魅力があります。


3:ホワイト

外壁塗装 三島市

昔(昭和に入った辺り)から発注数が多かったホワイト。さすがにその頃ほどの勢いはないようですが、いまだに人気が高いことは確かです。

「クリーン」「フレッシュ」等のイメージがありますよね。また、ホワイトには「塗ると家が多少大きく見える」という特徴があります(だからといって大きなメリットにはならないと思いますが)。

そして、様々な色との相性が良いです。和風の家でも洋風の家でもマッチするはずです。また、樹木や草花が美しく映りやすくなるので、ガーデニングなどをしている場合にもおすすめのカラーです。

ですが、外壁を白くすると、一気に印象が変わって新築のように錯覚するケースもあります。(もともとホワイト系統の外壁だったのであれば、ここまでの衝撃はさすがにないと思いますが)

ただ、お察しのとおり汚れが目立ちやすいです。グレー系統やベージュ系統であれば何でもない汚れであっても、ホワイトの場合はハッキリ見えてしまうかもしれません。汚れたまま放置しておくと、だんだんその汚れを取るのが難しくなっていくので、定期的にクリーニング等を行うことを推奨します。


4:ブラック

特に「鋼板壁・ブラックガルバリウム」は頑丈なので、最近人気になってきています。
外壁を黒色にすると、

・特別さ
・重厚さ
・格式
・オシャレさ

などを出すことができますよ。

ただ、ブラックは熱を吸いやすいので気を付けてください。特に暑い時期になると、外壁が65℃をオーバーする恐れもあります。そのタイミングで何気なく外壁を触るとケガをするかもしれません。

建物の構造にもよりますが、室内の温度がアップする恐れもあります(冬場なら良いのですけどね)。

ですから、「黒色の外壁」にしたいのであれば、断熱材や遮熱材を使うことをおすすめします。この辺りのことは業者と相談してみてください。

また、塗装が劣化してくると白色の粉が出てくるケースがありますが、それも外壁が黒色だと一目瞭然になってしまいます。その他、白系統の汚れがハッキリ見えてしまうので気を付けてくださいね。


5:ブラウン系

「落ち着いたムード」「自然的なムード」を両方出せるのがブラウン系の魅力です。それでいてフレッシュさもあるので、「これまでとは一味違うカラーにしたいけれど、そこまで奇をてらいたいわけではない」という人にも向いています。

ちなみに、日本で「ブラウン系の外壁の流行」の波が来たのは、1990年くらいのことです。当時は、「スキンカラーに近いブラウン」「橙っぽいブラウン」などが特に人気だったとのこと。「ヨーロッパ的な雰囲気」への憧れを抱く人が多かったがゆえに、そのようなトレンドになったのだと言われています。

現在では更に「ブラウンの種類」が増えており、「非常に濃いブラウン」「黒色に近いブラウン」「レッド系統のブラウン」なども人気になっています。

単に「ブラウンで!」とだけオーダーすると、イメージとは全く違うブラウンになってしまう恐れがあります。ですから、業者ときちんと話を詰めましょう。


それ以外で人気のカラーは?

ここまで人気カラー5種類について解説しましたが、それら以外にも魅力的なカラーはたくさんあります。「人とは違うカラーにしたいけれど、奇抜すぎるものは避けたい」という人は特に参考にしてみてくださいね。

緑系統

・自然色
・気持ちを落ち着かせる
・草花や樹木と調和しやすい

などの特徴があります。

「ちょうどいい緑」をチョイスしたのであれば、「ガーデニングとの相性がバッチリだなあ」と感じられます。ですが、場合によってはむしろ植物の存在感が薄くなったり、「全体的に緑っぽい」せいで違和感が出たりするので気を付けてください。外壁塗装企業ときちんと話を詰めなければなりません。


青系統

・オシャレ
・優しい
・フレッシュ

などの特徴があるカラーです。
ただし、原色に近い青は存在感があり過ぎるので、商業施設などでないと合わない可能性が高いです。また、原色の青には変色しやすいという弱点もあります。ですが、普通の建物の外壁であっても、「淡い青」や「水色」等であれば周囲と馴染むかと思います。


赤系統

・情熱的
・テンションを上げる
・目立つ

などの特徴があるカラーです。ですが、「濃い赤色」の外壁にしてしまうと、「原色の青」以上に周囲から浮いてしまいます。周辺住民からクレームが入ってもおかしくないレベルです。(ただ、お店などに使うならありです)

ですが、やや可愛らしい雰囲気が出る「レッドのレンガ風」にするのであれば、普通の家であっても馴染むかもしれません。しかし、やや色褪せやすいです。


ピンク系統

・かわいい
・柔らかい
・リラックス

などの印象があるカラーです。
ただし、リラックスというのは、「淡いピンク・トーンの弱いピンク」の話です。「濃いピンク」となると、たとえ店舗であっても浮いてしまう可能性が高いです。


橙系統

・リラックス
・温かさ

などを連想させるカラーです。ただ、これも淡い橙色にしなければ浮いてしまうことでしょう。ですが、「淡ければなんとか周囲に合う」という事ではなく、「淡ければ周囲に自然に合う」というレベルになる場合が多いです。


黄色系統

・元気
・明るい
・オシャレ

などのイメージがあるカラーです。ただ、やはりこれも「淡い黄色」にするのがおすすめです。「濃い黄色」に関しては、「周囲に合わない」のはもちろんですが、「精神的なプレッシャーを与える色」でもあるので、店舗の外壁にも基本的には向きません。

ですが、淡い黄色であれば「オシャレ」「元気」などの、「良いところどり」ができます。和風の建物でも工夫次第でマッチするかもしれませんが、やはり洋風の建物のほうが合うでしょう。特に若年層の間でトレンドとなっており、個人的にはナンバーシックスではないかと思っています。

「濃くすると周囲から浮いてしまうカラー」が中心になりました。「楽しい雰囲気にしたい!」という気持ちから、原色に近いカラーを希望する人が少なくありませんが、それでは想像以上に違和感が強くなるので気を付けてくださいね。


外壁のカラー関係で頻出のトラブル

・オーダーしたカラーじゃない!

というのが最も多いクレームです。

ただ、もちろん業者側が「ブラックを頼まれたけれど、ホワイトにする」などの暴挙を働くわけではありません。外壁の色に関する相談をしても、一般の方の多くは「ベージュで」「灰色で」など、「色の名称」しか言えないものです。

しかし、実際には「ありとあらゆる灰色」がありますよね。「黒っぽい灰色」もあれば「白っぽい灰色」もありますし、「明るめの灰色」もあれば「暗めの灰色」もあります。そして「同じ建物・同じ塗料の物件」であっても、日照条件などの影響で微妙に見た目が違ってくることもあります。

ですから、外壁の色のチョイスを確実に成功させたいのであれば、「あの家のカラーにしたいのですが」などと、できる限り詳しく説明することを心掛けましょう。

ですが、「近所に自分のイメージと合うカラーの家はない」という可能性のほうが高いと思います。そういったケースでは、業者が用いるものと同一の「色見本」を活用しましょう。

また、「色の調節(画面上で様々な色を混ぜる)」が行えるサービスもあるので、使ってみると良いかもしれません(ただ、フリーツールはほとんどありません)。

ちなみに、「パソコンのモニター上のカラー」と「実際のカラー」で違いが生じることも少なくありません。オンラインショップで洋服などを買ったことがある人であれば、ピンとくる話なのではないでしょうか。

それから「イメージぴったりの色だ!」と思っても、近所の家のカラーと合わない場合もあります。スマホなどで家の付近を撮っておくと、確認が楽になります。

ただ、優秀な外壁塗装企業であれば、これらの事はこちらから聞かなくても説明してくれるはずです。逆にカラーリングに関して投げやりな姿勢が見える場合は、その業者は利用しないことをおすすめします。


「好み」だけで外壁のカラーを決めるのは厳禁

「このカラーが私の趣味だからこのカラーを選ぶ」という発想でいると、外壁塗装が上手くいかなくなると思ってください。建物の見栄えそのものは良くなっても、近隣から浮いてしまう恐れがあるからです。

また、そもそも地域によっては「景観についての規則」がある場合もあります。
それを守らないとなると、強制的に塗り直しをさせられる事になるかもしれません。

それから、「迷ったから、様々な色を使いたい」というオーダーを出す人もたまにいます。ですが、美しくまとめたいのであれば、多くてもカラーは3つまでにしておきましょう。

「カラーの組み合わせ」を実践したいのであれば、「ツートンカラー」がおすすめです。ファッション等でも使われる言葉ですが、外壁塗装の場合は

・外壁のデコボコで色を変える
・外壁の上と下で色を変える(下を濃い色にすると安定した印象になります)

というニュアンスで用いられる言葉です。

違う系統の色にすると目立ちすぎておかしくなる場合が多いので、 「同系カラー」もしくは「同じトーンの色」にすることを推奨します。

そして「メインの色60~70パーセント・サブの色30~40パーセント」程度にするのが普通です。その上で「差し色」くらいのつもりで3つ目のカラーを使うと、ユニークさ・スタイリッシュさを演出することができます。


色によって「色褪せの起きやすさ」が異なるので注意

「変色」や「色褪せ」の原因はほぼUV(紫外線)です。

そして、「UVを吸収しやすいかどうか」がカラーによって異なるので、「褪せやすい色・褪せにくい色」という差ができます。

~色褪せが起きにくい色~

・灰色系統
・ベージュ系統
・茶色系統
・白色

など

~色褪せが起きやすい色~

鮮やかなカラー、暖色系統、透明性の高いカラーは変色しやすいです。
特に

・黄色系統
・紫系統
・緑系統
・赤系統

など

色褪せが起きやすい色は、サブカラーか、三番手にすることをおすすめします。

ただ、白色は変色しにくいですが、汚れが目立つというデメリットが無視できません。「変色しにくく、汚れも目立ちにくい色」となると、茶色、灰色、ベージュなどが代表的です。参考にしてみてくださいね。


まとめ

外壁塗装のカラーリングに関して解説しました。あえて嫌いな色にする必要はもちろんありませんが、「好き」という気持ちだけでカラーを選んでしまうと失敗する恐れがあります。

「いざ塗装してみると案外しっくりこない」という場合もありますし、「家の見栄えそのものはいいけれど、周囲から浮いてしまう」という恐れもあります。
ですから、景観や近隣の建物にマッチするかどうかも考えましょう。

また、例えば、単に「イエロー」と言っても「様々なイエロー」があるという事も忘れてはなりません。

ですから、色見本などを活用しながら、外壁塗装企業とカラーに関してきちんと話を詰めてください。また、「企業と自分とで、カラーをチェックする条件を変えない」ことも大事です。

例えば、「私は『この建物のカラーにしてほしい』と実物を見せたのに、業者はパソコンでそれをチェックしている」などとなると、「色の理解」に齟齬が起きてしまうかもしれません。

ただ、優秀な外壁塗装業者であれば、依頼者側から突っ込まなくても外壁塗装のカラーについてもきちんと説明してくれます。ですが、カラーに関する基礎的な知識があったほうがいいという事は確かなので、今回解説させていただきました。

※三島市・函南町の外壁塗装ガイドへ戻る

ページの先頭へ