外壁塗装工事で最も重要な下地処理

似たような塗料を用いて塗装を行っても、「私の家の外壁は5年目に塗り替えをすることになったのに、あの家は10年経っても大丈夫……」という事例は少なくありません。

では、どうして耐久力に違いが生まれてしまうのでしょうか。

「下地処理」を済ませてから外壁塗装をするわけですが、この下地処理のやり方によって耐久力がかなり変わることになります。

そのため、「下地処理は塗装工事において一番大事である」と言っても過言ではありません。

では、主な下地処理の方式を2つムービーでご覧ください。

高圧洗浄

※音が出ます。ご注意ください。

外壁塗装後に生じてくる不具合の一つに、塗膜の剥がれがあげられます。外壁材と塗料とが、しっかりと密着していないことで発生します。
そのような剥がれを防ぐ手段として、外壁表面に付着したコケや汚れ、浮き塗膜などを、高圧洗浄機を使用して除去していきます。
塗装前の下地処理の代表でもある高圧洗浄を確実に行うことで、一段と外壁塗装は長持ちします。

シーリング

※音が出ます。ご注意ください。

今は、「サイディング外壁」が主流です。「シーリング材」という弾性を持つ素材が、ボードと外壁ボードのスキマ(繋ぎ)に設置されます。
このシーリング材には「外壁材の膨張」を防いだり、「住宅の揺れ」などを吸収したりする働きがあります。
これにより、雨水が入り込みにくくなったり、外壁材にヒビが入りにくくなったりするのです。
外壁塗装自体に問題がなくても、シーリング材が衰えてきた場合は、その段階で工事をすべきです。
ですから、「優れた耐久力を持つシーリング材」を使うことが大事なのです。
ページの先頭へ