塗料の種類

外壁塗装 函南町

塗料の種類について

塗料の種類は様々ですが、一般の方がその詳細を把握していることはまずないでしょうから、基本的に業者に全て委ねることになります。それでも、優秀な業者の場合は「顧客と建物にとってベストな塗料」をチョイスしてくれます。

ただ、「業者自身にとってベストな塗料」を選択することだけを考えて、建物や顧客のことを考慮しない業者もないわけではありません。そのような業者は塗料に関する説明をきちんとせず、最新の塗料でなくても「最新の塗料です」と言いますし、最善の塗料でなくても「これがこの建物に対する最善の塗料です」と言ってきます。

とにかく「強くすすめてくる割に、冷静に考えると言っていることに具体性がない」という傾向があるので覚えておきましょう。

では、外壁塗装に使う塗料についてお話していきます。顧客側が暗記することはもちろんありませんが、ある程度知っておくと悪質な企業に騙されることがなくなりますよ。


塗料の等級と耐久力

アクリル5~7年、ウレタン8~10年、シリコン10~15年、フッ素塗料15~20年、無機塗料20~25年といったところです。

この耐久年数を見つつ、

・予算
・建て替えの予定
・引っ越しの予定

なども考慮しながら使う塗料を決めましょう。必ずしも「耐久力の高い無機塗料を使わなければならない」というわけではありません。

では、それぞれの塗料に関して個別に解説していきます。


アクリル塗料(5~7年)

・リーズナブル
・透湿性に優れている

「水分が集結しやすい軒裏」「室内の塗装(劣化しにくい環境であるためアクリルでも長持ちしやすい)」などの塗装に向いている塗料です。また、ツヤが出やすい、発色が良い、塗布しやすい、付着性が高いなどのメリットも。

「水で薄めるだけで塗布可能」という形式のアクリル塗料も少なくなく、そのタイプのものであれば、DIY等でも用いやすいです。(ホームセンターなどで購入できます)

ただし、ヒビ、剥離などが早い時期に発生しやすいというデメリットがあります。また、汚れやすいという性質も。さらに、「強力な塗料を、アクリル塗料の上に塗布すると、アクリルが溶ける場合がある」という欠点も忘れてはなりません。

「アクリル塗料が最善である」という状況は限られていますので、業者が「アクリル塗料が良いです!」などと妙に推してくる場合は、絶対にそのワケを問いただしましょう。


ウレタン塗料(8~10年)

「鉄材」「木材」等に塗られることが多い塗料です。
ただし、

鉄材=サビる時期が早いため、塗装サイクルが短くなる
木材=「生きている」ため変形しやすく、塗装サイクルが短くなる

という性質があります。
ですが、だからこそ「リーズナブルなウレタン塗料」がこれらに塗布するのにピッタリなのです。「どうせ錆びるのが早いものに塗るのだから、劣化が早い塗料でも良い」という発想ですね。また、ウレタン塗料の光沢はキレイですし、柔らかいのでヒビも発生しにくいです。

それから、ウレタン塗料に関してはほとんどの場合「2液形式(硬化剤などを混ぜて塗る)」ですから、やや厚くなります。そのため、屋根塗装にもよく採用されています。

ただ、2液形式は専門家でないと扱いにくいので、DIY等でウレタン塗料を用いるのであれば「1液形式」のものをチョイスすることを推奨します。

ただし、ウレタン塗料は塗布する際にシンナー臭が出やすいです。プロフェッショナルの場合はその辺りのことも対策した上で利用しますが、一般の方の中には全くケアをしないでウレタン塗料を使ってしまう人もいるようです。体調が悪くなる恐れがあるので、きちんと換気などをしつつ使ってくださいね。


シリコン塗料(10~15年)

シリコン塗料は「外壁塗装時の採用率ナンバーワンの塗料」であると言われています。ですが、もちろん「本当はシリコン塗料よりも安い塗料で十分なのに、シリコン塗料をすすめてくる」という場合もあるので気を付けましょう。ちなみに、シリコン塗料にも等級が存在します。

耐久面に関しては、

2液弱溶剤シリコン塗料>2液水性シリコン塗料≒1液弱溶剤シリコン塗料>1液水性シリコン

となっています。
つまり、「弱溶剤シリコン塗料」のほうが「水性シリコン塗料」よりも強いということですね。見積書に「シリコン塗料」と記載されているのであれば、「等級を教えてください」と言いましょう。

※ラジカル塗料について

ラジカル塗料は広義ではシリコン塗料に分類することができます。ですが、一般的なシリコン塗料の1.5倍程度の耐久力があるとされています。最近では、ラジカル塗料をすすめてくる業者も増えてきています。また、こちらから「シリコン塗料でなくて、ラジカル塗料ではどうなのでしょうか?」などと聞いてみるのも良いと思います。

何にせよ、シリコン塗料であっても、アクリル塗料・ウレタン塗料に比べて耐久性は間違いなく高いです。その割に、あまり高いわけではないのでコストパフォーマンスも良いと思います。また、汚れが付着しにくいという魅力もあります。

ただ、「長持ちするだろう」と期待してシリコン塗料を選んでも、10年程度で次の塗装時期が来てしまうケースもあります。ですが、これは先ほど紹介した「1液水性シリコン塗料」など、比較的耐久性の低いシリコン塗料をチョイスしたのであれば仕方がない事です。

もっと長持ちさせたいのであれば「2液弱溶剤シリコン塗料」や「ラジカル塗料」を使うことを検討しましょう。それなら15年程度は頑張ってくれます。


フッ素塗料(15~20年)

一般的な環境であれば短くても15年、長ければ20年以上は持ちます。ですからそれなりのお値段となりますが、「塗り替えの回数を少なくすることができる」わけですから、コストパフォーマンスが低いというわけではありません。

これに限らず、外壁塗装に関しては「一生涯で払うお金がどの程度になるのか」という視点を持つことが大事です。それに、外壁塗装そのものが結構億劫ですしね。もちろんあなた自身が作業をするわけではないと思いますが、業者選び・申し込み・完了するまでのストレス……などなど無視できない要素は色々あるはずです。

話をフッ素塗料に戻しますが、
「耐久性に秀でている」「カビに強い」「藻に強い」「耐候性も優秀」「摩擦に強い」「熱への抵抗力が高い」「水との相性がいい(水に強い)」などなど、魅力がたくさんあります。「さすが高い塗料」といったところですね。

ちなみに、外壁塗装に詳しい方の中には
「でも、フッ素塗料って『ヒビができやすい』『高過ぎる』『ツヤ有のフッ素塗料しかない』『次回もフッ素塗料で固定になる』とかの弱点があるんじゃないの?」と感じる人もいるかもしれません。ですが、フッ素塗料も改良が進んでいますので、現在はこれらのデメリットは克服されています。

ただし、「下塗り剤はフッ素との密着性に優れたものでなければならない」という弱点はいまだに残っているので気を付けましょう。ただ、それもDIY等でフッ素塗料を使う場合の話。業者に外壁塗装を頼むのであれば、その辺りのこともしっかり調整してくれますので、依頼者側が気にする必要はありません。


無機塗料(20~25年)

外壁塗装 三島市

アクリル塗料・ウレタン塗料・シリコン塗料・フッ素塗料は「有機塗料」です。
塗料の大部分が有機物で構成されていますので、雨やUVによって徐々に劣化していきます。

ですが、文字通り「無機物」で構成されている「無機塗料」は理論上は劣化しません。

「でも、20~25年くらいで劣化する時期が来るんじゃないの?」と感じると思います。 実際、そのとおりです。なぜなら、「無機塗料」にも有機物が混ざっているからです。そうでないと、「塗料」に仕上げることができないんですよね。

ちなみに、「無機物と有機物が組み合わさっている」ということで、「ハイブリッド塗料」と呼ばれることもあります。

今後、「有機物の比率が非常に低い無機塗料」「有機物が一切入っていない無機塗料」などが発明されれば、塗り替え時期はもっと遅くなることでしょう。

そんな無機塗料ですが、「耐候性に優れている」「藻に強い」「カビに強い」「汚れが付着しにくい」「燃えにくい」などの魅力があります。また、有機塗料に比べてエコロジーという性質もあります。

ただし、さすがに値段はなかなか高いです。それから、実は有機塗料と比較してヒビが発生しやすいので覚えておきましょう。


まとめ

外壁塗装工事の依頼を行うと、見積書の提示があるはずです。まずは、「塗料の名前」と「塗料のメーカー」を確認し、インターネット等でリサーチしてみましょう。その結果、「使う塗料の割に、ぼったくりな気がする」という場合は、その業者は避けることをおすすめします。

また、そもそもはじめから数件の企業に見積書を提示してもらって、一番良さそうな企業をチョイスすることを推奨します。それから、「そもそも塗料に関する詳細が見積書に記載されていない」という場合は、その企業は絶対に避けてください。

その他、塗料についての疑問点があれば必ず業者に相談してください。優良な業者であれば、きちんと答えてくれます。逆に「きちんと相談に応じてくれない」「特定の塗料を強く推してくる割に、詳細な説明がない」という業者はやめておいたほうが良いでしょう。

※三島市・函南町の外壁塗装ガイドへ戻る

ページの先頭へ