見積書の読み方

見積書をチェックする際の要点

「価格そのもの」はそれほど大事ではありません。それよりも「この価格に決まった理由」に目を向けましょう。また、「工事の範囲と内容」「どのような塗料を使うか」「いつ完了するのか」「どのような補償形態になっているのか」などの確認も必要です。

ただ、単に「見積書」といっても業者によって記載形式に差があるので気を付けましょう。そこで、ここからは「見積書の適切な確認方法」を紹介していきます。


見積書に書かれている事とその意味

足場工事

外壁に塗装をするわけですから、「足場を設置する工事」は絶対に必要です。そして、トータル金額の中でこの足場工事の費用がかなり高くなります。

ちなみに、「足場を減らしてください」と言えば、それに応じてくれる業者もあるかもしれません。ですが、それをしてしまうと工事にかかる期間が長くなる分、作業員一人一人への報酬が高くなって、むしろ工事金額が大きく上がってしまう可能性が高いです。

そして足場は通常、「横:外壁の約1メートル外」「縦:屋根の先端から約1メートル上~外壁の約0.5メートル下(地面)」まで設置するものです。

ちなみに、外壁面積は「窓」などの大きさを引いて計算するものです(そうしない業者もありますが、適切ではありません)。そのため、足場面積のほうが外壁面積よりもかなり大きくなる場合が少なくありません。

※屋根には足場を設置するのか?

外壁塗装 三島市

屋根の角度が急だったりするのであれば、屋根塗装を行うために屋根に足場を設けることになります。

それから、

・駐車場と物件がかなり離れている
・隣の物件とかなり近い
・必要に応じて足場を一旦外す必要が出てくる(カーポートが存在する等)
・物件が高い位置にあって階段を使う事になる

などのケースでは足場工事の金額が高くなる恐れがあります。


メッシュシート養生

外壁塗装をする前にメッシュシートを設置して、塗料が想定外の場所に飛び散ることを防ぎます。「メッシュシートを設置する面積と外壁面積が一致する」のは、メッシュシートを全体に設置する場合に限ったことであり、設置しない部分がある場合は、それに応じてメッシュシート面積を算出する事になります。


高圧洗浄機

高圧洗浄機でゴミなどを排除してから、外壁塗装をしなければなりません。仮に「高圧洗浄なし」で外壁塗装をした場合は、素材と塗料が早い段階で剥離する可能性が高くなります。

そして「塗装面積=高圧洗浄面積」となるのが通常です。また「塗装箇所数=高圧洗浄箇所数」となるのが一般的ですが、高圧洗浄箇所数に「窓」の数を含める業者も存在します。ちなみに、高圧洗浄面積が広くないのであれば「一式」扱いになることも。


下地補修

「ひび割れ補修」とほぼ同義となります。外壁サイディングやモルタル壁の補修を行うという意味ですね。

ひび割れがたくさん存在するのであれば、「外壁面積×単価=下地補修料金」になってもおかしくありません。

そして、ひび割れがあまりない場合は「一式」扱いになるケースも。これくらいであれば「一式」と記載する業者も多いですが、万全を期すのであれば「具体的な面積は分かりますか?」と聞いておくことを推奨します。


コーキング

外壁塗装 三島市

「外壁材と外壁材を貼っている」というのが、だいたいの外壁サイディングの構造です。そして「コーキング」という目地材を外壁材と外壁材の間に置いて、補強をする事になります。

このコーキング工事は主に2種類に分類できます。

「既存のコーキングを外して、新しく取り付ける」のが「打ち変え」。「既存のコーキングはそのままにして、さらにコーキングを取り付ける」のが「打ち増し」です。

コーキングを外すぶん手間がかかるので「打ち変え」のほうがコストがアップします。ただし、劣化したコーキングが残らないので、打ち変えのほうが頑丈になります。

金額については、「コーキングの長さ×単価」にするのが一般的です。ただし、業者次第で「一式」になるケースも。

また、コーキング材も多種多様であり、どれを使うかによって金額や頑丈さ等に差が出ることになります。例えば、「ウレタン:約8年」「変成シリコン:約10年」「オートンイクシード15+:15年~」といったところです。ちなみに、環境によっては耐久性が変わることも当然あります。


外壁塗装

一般的に「3回塗り」が外壁塗装のセオリーです。2回塗りで完了とする業者も存在しないわけではありませんが、さすがに1回で終わらせるところはありません(もしあったとしたら絶対に避けてください)。

サイディング外壁の下塗りには「シーラー」を用います。これで、上塗り剤の密着性を高めます。そして、上塗り剤を2回塗布します。(下塗り1回+上塗り2回ということですね)

そして、「フィラー」をモルタル外壁の下塗りに用います。これで、上塗り剤の密着性を高めつつ、小規模のひび割れを補修することになります。その後は、もちろん上塗り剤を2回用います。

塗装価格は「単価×塗装面積」で算出します。
一般的には窓等の「開口部」は塗装面積に含めないものですが、そこを含めてしまう業者もいるので注意が必要です。


塗料の等級と耐久力

ウレタン8年、シリコン10年、ラジカル13~15年、フッ素塗料15~20年、無機塗料20~25年といったところです。

ちなみに、屋根塗装に関しては「日光」が大きな負担になるので、ウレタン4~5年、シリコン6年、ラジカル8~9年、フッ素塗料9~12年、無機塗料12~15年程度になると思ってください。(半分よりは少し長持ちする、というくらいですね)

作業費用を下げたいのであれば、耐久力が低い塗料をチョイスする事をおすすめします。


屋根塗装

角度も考慮した上での面積が見積書に記載されます。通常の外壁塗装と同じく「3回塗り」が行われます。

ただ、単なる記載形式の差ですから無視しても良い事ですが、「上塗り、中塗り、下塗りをそれぞれ1回ずつ」と記載されるケースもあれば、「上塗り2回、下塗り1回」という記載になることもあります。

ちなみに、「屋根塗装の塗料の等級>外壁塗装の塗料の等級」にしておけば、「屋根塗装に使った塗料は早く劣化する」という性質上、次回の屋根塗装と外壁塗装の頃合いをおおよそ一致させることが可能です。


軒天塗装(上裏塗装、軒裏塗装)

外壁塗装 三島市

外壁の上の部分に対して行う塗装のことを、軒天塗装、上裏塗装、軒裏塗装などと呼びます。軒天塗装の費用は「単価×軒天塗装面積」で算出します。

軒天には、屋根裏やベランダ床下等の水分が集結することになります。そのため、通気性に乏しい塗料を採用すると塗装が劣化しやすくなります。ですから、通気性に優れた塗料を採用するのが普通です。


破風(鼻隠し)

雨樋の金具がついているところ、「軒天→屋根」という方向で起立しているところ。のことを「破風(鼻隠し)」と言います。この部分の塗装費用は「単価×鼻隠しの長さ」で算出します。


その他の工事場所

雨樋(長さ)、土台水切り(長さ)、雨戸・戸袋(面積)、養生(面積)、シャッターボックス(実数)、ベランダの床(面積もしくは一式)などなど。細かい部分に関する不明点がある場合も、業者にきちんと質問しておきましょう。


経費について

外壁塗装工事における経費とは、

・業者の利益
・事務所の管理費
・事務費
・交通費
・通信費

等のことです。

それから、

・現場管理費
・産業廃棄物処理費
・保険費
・安全対策費

等が別枠で計上される場合が多いです。

これらの利益や経費に関しては、見積書にわざわざ記載しないのが普通です。

ですが、知りたいのであれば「経費の内訳もお聞かせくださいますか?」などと言ってみても良いかもしれません。ただ、業者側には何の落ち度もないわけですから、問い詰めるような口調にならないように注意してください。


まとめ

見積書の金額だけをチェックして満足することのないようにしましょう。塗料の等級なども丁寧に確認してください。「良い塗料」を用いるのであれば、それに伴い費用もアップするのが当たり前です。

ですから、「工事費用が安ければ優良業者、高ければ悪質業者」などと安易に判断することのないようにしてください。

それから、工事のクオリティが高い業者は、見積書も丁寧に仕上げる場合が多いです。

・工事内容
・工事範囲
・工事面積
・塗料の名称
・塗料の等級
・塗料のメーカー

等もきちんと見積書に記載されているのであれば安心です。

また、見積書についての疑問点等が浮かんだ場合は遠慮せずに質問しましょう。それに答えるのも業者の仕事のうちですから、何ら失礼にはあたりません。

※三島市・函南町の外壁塗装ガイドへ戻る

ページの先頭へ