外壁塗装よくあるトラブル

外壁塗装工事にありがちなトラブル

今回は、外壁塗装工事において起きやすいトラブルを挙げていきます。「ちょっとした作業」や「あまりお金のかからない工事」などであれば、「トラブルを気にして事前に色々考えるのが面倒だし、さっさと済ませたほうがいい」という考え方もあるかもしれません。

ですが、外壁塗装工事は「大規模な作業」ですし「かなりのお金がかかる工事」ですから、できる限りトラブルを起こさないためにも、事前に防止策などを把握しておく必要があると言えるでしょう。

ですが、外壁塗装工事のサイクルは基本的に8~25年程度です。
「毎年頑張れ」とは言いませんので、ご安心ください。


発生しやすいトラブル事例

「ああ、そういうトラブルっていかにもありそう」というものもあれば、「まさかそんなトラブルがあるなんて……」というものまであります。

工事のミス

「工事のミス」と言うと物凄く大雑把ですが、外壁塗装工事においては「塗装の剥離」「変色」「膨張」などが、妙に早い時期に発生する恐れがあります。

ただ、ほとんどのケースでは、外壁塗装工事の直後は何のトラブルも起きていないように思えるはずです。工事を終えてすぐの段階で「ここがおかしい!」などと分かる事はまずありません。

具体的に言うと、工事完了から36カ月が経っても外壁が無事なのであれば、工事は上手くいったと判断することができます。

ですが、それまでに何らかの問題が出た場合は「作業内容が杜撰だった」と判断することができます。もちろん周辺環境や天候などにも左右されるわけですが、さすがに36カ月以内にどうにかなってしまう事はまずありません。

そして発生しやすいトラブルとしては、

剥離(塗料の剥がれ)→下塗り塗料のチョイスがおかしかった、下地処理の方法がおかしかった

変色→塗料をきちんと混ぜていなかった

膨張→「剥離」と同様の原因で起きることが多いです

ちなみに、
「素地がまだ水分を含んでいるのに塗装を行ってしまう」等が、下地処理関連のミスとして目立ちます。

職人や現場管理人の技術・知識面に難があると、このような問題が発生しやすいので気を付けましょう。

こういったトラブルを避けるためにも、外壁塗装工事の実績がきちんとある業者に依頼してください。営業年数の長い企業は信頼性が高い傾向にあります。

また、「保証面(保証期間、保証内容など)がしっかりしているか」も重要なポイントです。人間が行う作業ですから、どれだけ実力のある企業であっても絶対に問題を起こさないとは言えませんからね。


想定していた箇所が塗装されていない

「依頼主が塗装してもらえると思っていた場所」と「業者が塗装を頼まれたと理解した場所」がズレていると、「あれ、なんでここ塗っていないの!?」というトラブルが発生するかもしれません。

「塗装場所」のことに限らず、口頭だけで相談したり、口約束だけでまとめたりすることはできません。きちんと契約書を出してもらって「塗装する場所」をハッキリさせましょう。もしも疑問に感じる部分があるのであれば、どれほど細かいことであってもきちんと質問してください。そして、モヤモヤが全て解消してから契約しましょう。

契約を結んでから注文をつけても、応じてもらえないかもしれません。(もちろんそれに関して業者を責めることはできません)また、どれほど些細なことでも「約束」「取り決め」などに関しては、メールや書面等で記録してください。できれば「形」として残る書類を作りたいところです。


思っていたようなカラーにならない

「他の部分は完璧なのに、カラーだけおかしい」という状況になるケースもあります。「色」は特にトラブルに繋がりやすい部分ですので気を付けてくださいね。

【主な引き金】

・良いカラーだと感じたのに、いざ塗装してみると違和感が強い
・業者のカラーチョイスが変
・「どのような外壁に仕上がるか」の業者側の説明が甘い
・色見本のサイズが小さかった

文字通り「色の見本」のことを色見本と言います。塗料メーカー等が無料で準備してくれることが多いですが、最低でもA4サイズ以上でないと仕上がりを正しくイメージするのが難しくなってしまいます。色見本を建物の壁に当ててみて、どのような色に移るのかを確認してください。カラー関連のトラブルを避けるためにも必ず行ってくださいね。

また、仕上がりやカラーについての解説が分かりにくかったり、「建物と合わせると違和感のあるカラー」を推してきたりする場合もあります。特に実績の少ない業者の中には、「塗装自体の技術はあるけれど、カラーのことを甘く見ている」というところがちらほらあるので気を付けましょう。

ですから、必ず豊富な実績のある業者に依頼してください。また、色見本はA4サイズであれば十分ですが、それよりも大きいのであればそれに越したことはありません。そして「建物の周囲との調和」という観点も大事ですので、建物付近の写真を撮影するなどしてチェックしましょう。

「好きなカラー」という事にこだわり過ぎると失敗しやすいので、ある程度妥協点を見つけることも大事です。


変色・色褪せが早い

手抜き塗装、低い技術力、低品質の塗料を使う……などが、早すぎる時期に変色・色褪せをしてしまう事の主な原因です。

塗装完了から24~36カ月が過ぎていないのに変色・色褪せが発生したのであれば、塗装工事に何らかの問題があったと考えてください。また、「60カ月以内」の場合は、「ミスである」と断言するのは難しいですが、疑うべきではあります。

悪徳業者は費用をダウンさせるために、できる限り質の低い塗料を使おうとします。また、外壁塗装は基本的に「3回塗装」なのですが、1回で完了としてしまう業者も存在します。

「そんなことをしたら悪い口コミが広がって、仕事が来なくなるのでは?」と感じるかもしれませんが、「知った事ではない、今稼げればいい!」という方針で、劣悪な作業をする企業がないわけではないので気を付けてください。

ですから、失敗しないためにも「評判を重視する企業」「運営年数が長い企業」に依頼することを推奨します。それから、塗装完了後の保証(年数、内容)についても必ずチェックしてください。


臭い問題

外壁塗装工事では「水性塗料」か「溶剤塗料」を用います。そして、溶剤に関してはシンナーの臭いが強いんですよね。ですから、臭い問題を気にするのであれば可能な限り溶剤を使わないようにすればいいわけですが、それも限界があります。また、水性塗料についても全く臭いがないというわけではありません。

外壁塗装を行う際に窓を閉め切っておけば、それほど臭いが入ってくることはないかもしれません。ですが、換気口からシンナーの臭いが入り込む可能性がありますし、そうでなくても100パーセント臭いをシャットアウトすることはできません。

ですから、小さな子供や臭いに敏感な人がいるのであれば、前もって業者と相談しておくことをおすすめします。きちんと話を詰めておけば、可能な限り臭い対策をしてくれるはずです。

ただ、「強い臭いが発生する期間」はずっと続くわけではありません(1週間続くことはまずありません)。ですから臭いについては開き直ってしまうのも良いでしょう。また、該当期間中だけ誰かの家に泊まったり、ホテルなどを使ったりするという手もあります。

ですが、場合によっては臭いが近隣の家にまで届くケースがあるので、事前に挨拶しておくことを推奨します。


植物へのダメージ

最初に、外壁の周囲に足場を作ることになります。範囲としては「外壁から100センチ出るくらい」です。そして、ブルーシートなどで養生を行って、塗料が飛び散らないようにします。

ですが、そのせいで植物の呼吸が邪魔されて、植物が弱ってしまう可能性があります。また、植物との位置関係によっては、単純に塗装中に踏まれる場合もあります。

ですから、大事にしている植物があるケースでは、前もって話を詰めておきましょう。万全を期すために植物を動かしたり、一時的に植え替えたりすることになる場合もあります。

ただ、もちろん「それほど思い入れのある植物ではないし、どうなってもいい」という考え方もアリです。


建物へのダメージ

足場を作るときに鉄材が衝突してタイル等が壊れる可能性があります。悪質な業者の中には、わざとどこかを壊して「ここの補修作業をしましょうか?」などと言ってくる場合もあるので気を付けてください。そこまでする業者はさすがに非常に稀ですが。

「不意の損壊」も優秀な業者であればほぼ発生させませんが、それも絶対ではありません。そして、塗装工事において何らかの損壊が起きた場合は、「工事賠償保険」で対応を行う流れになります。これは業者側が加入する保険であって、注文者側には直接関係ないのでご安心ください。

ただ、一人親方に多いのですが、この保険に加入していない人もいるので注意してください。「保険に加入していると思い込んでいた→損壊発生→いざ保険の話を出したら加入していなかった」というケースも無いとは言い切れないわけですね。

また、塗装工事の値段が他の業者に比べて妙に安価な業者も心配です。どうやって「妙な安価」にしているかというと、早く終わらせることで人件費などを削っている場合が多いです。そのため、どうしても作業のクオリティが下がりやすいんですよね。

それから、塗装工事をする前の建物のコンディションも必ずチェックしておいてください。そうでないと、最初から壊れていたのに「壊しましたね!」などのクレームを出してしまう恐れがあります。ですから、事前に外壁などを写真を撮っておくことを推奨します(業者側が行ってくれることが多いです)。


近所迷惑

地方などで家同士の距離がよほど離れている場合を除き、外壁塗装をするとなると、近隣にある程度は迷惑をかけてしまうものと考えましょう。

一例として、作業車を停める位置次第では近所迷惑になる恐れがあります。また、塗料の臭いが近所にまで広がってしまう事も。さらには、足場を作ったり撤去したりする音、外壁に高圧洗浄機をかける音などがヨソにまで聞こえてしまう可能性が高いです。

ですから、どのような外壁塗装をするにしても開始前に絶対に近隣住民への挨拶を済ませておきましょう。「工事がスタートしたら想像以上に音が大きかったので、慌てて挨拶に行く」となると、「挨拶」よりも「謝罪」という感じになるので良くありません。

また、「周辺への気遣い」がきちんとしている業者に頼むことも重要です。特に「元請け作業」を中心としている業者は、その辺りの事が上手です。


料金関連

料金関連で最も多いのは、「見積金額よりも、最終的な金額のほうが高くなってしまった」というものです。まず、工事が始まってから「見積書に記載されていない工事」を頼むと、当然追加料金がかかることになります。ごく小規模な作業であればタダで引き受けてくれる場合もありますが、そういったケースはかなり少ないです。

ですから、

・見積書を事前にきちんとチェックし、その段階で必要な作業は追加してもらう
・作業が始まってから新たな作業を頼む場合は、料金に関してしっかり確認する
・注文者の意向とは無関係に、追加料金が発生する可能性があるかどうか聞く

ということを徹底してください。

また、万が一「どこで生じたか不明な追加料金がある」というのであれば、きちんと質問しましょう。

様々な説明をしましたが、1~9のトラブルの大半は「契約前の徹底確認」によって避けることができます。どれだけ慎重になってもなり過ぎという事はありません。とにかく「何かを決める」ことになったら、一呼吸置いて確認しましょう。

※三島市・函南町の外壁塗装ガイドへ戻る

ページの先頭へ