業者選びのポイント

外壁塗装業者 三島市

外壁塗装工事業者をチョイスする際のポイント

「業者に100パーセント投げる」という方針だとしても恐らく工事は完了するはずです。ですが、実際には「契約書の内容」「施工方式」「家の診断」……などなど、色々な事についてしっかり意見を言って、いつでもチェックしておくことが大事です。そうでないと、思ったような仕上がり・予算・工期にならない恐れがあります。

また、分からない点があれば必ず質問しましょう。回答内容がぼんやりしている場合は、その業者は信頼できないかもしれません。そして、質問されたことに対して不機嫌になるような企業は論外です。「この業者が信頼できるのか否か」ということが、様々なポイントをチェックしていると見えてきます。

では、『外壁塗装工事業者をチョイスする際のチェックポイント』を紹介していきます。


外壁塗装工事業者をチョイスするためのチェックポイント

1:住宅診断関連
2:「塗装工事」にこだわり過ぎる業者でないか
3:「見積書」の質
4:「保証書」の質

1:住宅診断関連

「住宅診断」が実行されるわけですが、その方面に関するノウハウがない営業マンや作業員が診断をする業者も存在するので注意しましょう。それでも、「素人を言いくるめられるような報告」を行いますが、住宅診断の質としては非常に低いです。

きちんとした外壁塗装工事業者であれば、住宅診断は「住宅診断のプロフェッショナル」が行ってくれます。また、診断結果に応じた提案書も提示してくれるものです。この条件を満たす業者以外は基本的に避けることを推奨します。


2:「塗装工事」にこだわり過ぎる業者でないか

家の状況によっては、一般的な外壁塗装工事だけでは不十分なケースもあるわけですよね。実力のある業者であれば、そういったときにはきちんと「外壁塗装工事以外の工事・メンテンナンス」の提案を実行するものです。

ですが、住宅診断を営業マンや、その方面に精通していない作業員などが実行してしまうと、「外壁塗装工事一択!」と思い込んでしまう場合があります。それでは、外壁塗装工事がフィニッシュしてから何らかのトラブルが起きてもおかしくありませんよね。

また、建築建材のバリエーションは非常に豊富ですが、それらの特徴を全部理解している人でないと、きちんとした住宅診断は行えません。建築建材ごとの劣化性質に応じて、最善の工事がどれなのかを見極めてくれる業者をチョイスしてください。


3:「見積書」の質

「塗装面積」の算出方法・算出結果が業者ごとに大幅に異なります。塗装面積によって値段が大きく変わりますので気を付けてください。

まず、論外なのは「建物坪数×単価=塗装面積」と判断する業者です。こういった業者は、外壁面積を実際には確認しません。

選ぶべきなのは

・塗装するところの広さを正確に測定している
・値段を「塗装するところ」別に記載している
・その他、曖昧な部分がない

↑これらの条件を全て満たす見積書を提示してくれる業者です。

では、見積書を具体的にどのように確認していくべきなのかを解説します。

まず、「見積書にどのような作業・工事が記載されているか」を見ましょう
一例として、「雨戸にも塗装を施すのか否か」「樋にも塗装を施すのか否か」等です。

NGなのは「塗装工事一式」もしくは「塗装工事」なとど記載する業者です。
これでは、工事内容の内訳が分かりませんよね。この場合、見積料金が安くても、後から追加工事が発生して余計な費用がかかってしまうかもしれません。

見積書に記載されている必要があるのは、
「塗料のメーカー」「塗料の名称」「塗料の等級」「塗料をどれだけ使うか(分量、缶数)」「塗装面積」
などです。


4:「保証書」の質

外壁塗装工事は「一生に一度しかしない」というものではありません。10~15年に一回は行うわけですから、できれば同じ業者にずっと任せたいものです。そうすれば多少の便宜を図ってくれる可能性がありますし、精神的にも何かと楽ですからね。

ただ、現実には「工事を終えたら関係を積極的に断ち切ろうとする業者」も存在します。酷い場合は、工事がフィニッシュしたらすぐに連絡がつかなくなることも。そういった業者の大半は「塗料を薄めて使う」など、どこかしら難点のある作業をしている可能性が高いです。

工事が終わってから何らかのクレームを入れるのであれば、もちろんその業者とコンタクトしなければなりませんが、「そのときには既に業者がなくなっていた!」などという事態に陥るケースもないわけではありません。

ですから、「保証書」に関してきちんと確認してから契約を交わしてください。もちろん「契約をする→保証書に関して調べる」という順番にしてしまうのはNGです。

まず、「保証書の作成は行われますか?」と聞いて、即座に丁寧で分かりやすい返答が来るのであれば問題ありません。この段階で回答をぼかすような業者は絶対にNGです。これは、「作成するかどうか」という「はい/いいえ」で答えられる問いに過ぎませんから、優良な企業であれば返答に詰まるはずがないのです。

そして、保証書が作成される場合は「保証書の内容」について具体的に聞いていきます。「保証書といいつつ、書類形式ではない(口約束など)」というのではアウトです。

※三島市・函南町の外壁塗装ガイドへ戻る

ページの先頭へ