塗装時期の目安は?

外壁塗装を実行すべき頃合いは?

外壁塗装業者の営業が発生するようになるのは、マイホームを購入してから10年前後の頃合いです。では、実際に外壁塗装はこれくらいの頃合いで実行すべきなのでしょうか。


外壁塗装は実際に10年で実行すべきなのでしょうか?

「営業スタッフが成績を上げるために少し早めに営業を仕掛けてくるのでは?」と感じるかもしれませんが、実際に「新築時を基準として10年、長くて15年」のタイミングで外壁塗装をするのが普通です(建物の劣化状況等に左右されはしますが)。

あとは「家の状態」からは離れて、「家族の都合」「金銭的な都合」などで外壁塗装の時期を遅らせる人もいますが、あまり遅くし過ぎると外壁の状態の悪化がエスカレートし過ぎます。

目安として20年が経過してしまうとマズいです。下地補修等の「通常ではあまり発生しない作業」をしなければならなくなって、コストアップする恐れがあります。 「ギリギリまで粘ったほうが出費が減るのでは?」と感じるかもしれませんが、そうではないという事ですね。


まずは外壁のチェックから

「厳密な確認」は難しいですが、誰でも「外壁のコンディション」をそれなりに推測することが叶います。

見るべきポイントは?

1:壁のヒビ
2:コケ、藻
3:チョーキングがあるか(触ったときに白いパウダーがつくか)
4:シーリング材のヒビ
5:壁の金属部の錆
6:塗装の剥離
7:壁の変色、色褪せ
8:営業が多くなってきたか
9:時期による判断

複数当てはまるのであれば、外壁塗装の検討を強くおすすめします。「1つだけ当てはまる」という場合でも、程度が酷いのであれば外壁塗装を視野に入れましょう。


見るべき項目に関する個別説明

1:壁のヒビ

外壁塗装 三島市

窓の付近には柱があまりないので、どうしてもやや脆くなってしまいます(もちろん十分頑丈と言える範囲内ではありますが)。 そのため、特に「窓の周囲」の壁にはヒビができやすいです。

また、「サイディング外壁」の場合は、ヒビを起点に外壁材の断面が露出して、水を吸ってしまう恐れがあります。「濡れる→乾燥→濡れる→乾燥……」というサイクルにより、コンディションがどんどん酷くなっていきます。

ですが、ちょっとくらいヒビがあっても、すぐに雨漏りが生じる可能性は非常に低いです。なぜなら、外壁材の中のほうには防水シートを配置するからです。対処方法に関してはケースバイケースですから、まずは業者に話を持ち掛けてみましょう。


2:コケ、藻

月日が過ぎるごとに外壁表面の「水を弾く力」がなくなっていきます。すると、水気が壁に入り込んでしまって、コケや藻が生息する可能性が高くなります。日当たりが悪い場所については、特に注意してチェックする事を推奨します。

対処方法に関しては「水を弾く力」を復活させることがポイントとなります。ですから、壁の表面の補強をする事になる場合が多いです。


3:チョーキングがあるか(触ったときに白いパウダーがつくか)

外壁塗装 三島市

南側、西側等、日が当たりやすいところの外壁を指や手でちょっと触ってみます。チョーキングが発生する場合は、外壁表面のコンディションの劣化を疑うべきです。外壁塗装を、チョーキングが発生するコンディションのままで強行すると、塗装の剥離のリスクが高まります。

対処方法に関してですが、まずは専用のマシンでパウダーを丁寧に取り除いてから、また塗装をする事になります。もちろん業者に任せるしかありません。


4:シーリング材のヒビ

外壁塗装 函南町

シーリング材にヒビが出来ると、防水処理をしていないところの壁の表面が水を含んで、ヒビが多くなったり、変形したりする恐れがあります。もちろんシーリング材のコンディションに難があるからといって、いきなり雨漏りになってしまうわけではありません。しかし、ずっと放っておけば、雨漏りに見舞われる可能性が高いです。

このケースでは、シーリングの補強・取り換えをする事になります。

※シーリング材=外壁材付近の空間を埋めるための素材


5:壁の金属部の錆

「目に見える錆のみを取ればいい」というわけではありません。錆は100パーセント排除しなければ、金属の内部にまで錆が浸透して、再塗装を施しても、また割と早い時期に錆が見えるようになってしまう恐れがあります。

この場合、もちろんまず錆を完全に取ります。そして、錆防止塗装を済ませてから、コーティング(上塗り)をします。


6:塗装の剥離

このままではUVや雨のせいで、コンディションが徐々に酷くなっていきます。
このケースでは、もう一度塗装をして、防水力をアップさせなければなりません。


7:壁の変色、色褪せ

素材によってそのスピードは異なりますが、外壁の色はどんどん悪くなっていきます。ツヤと色を取り戻す(もしくは元々以上にキレイにする)ためにも、外壁塗装をしましょう。

ただ、あまり色にこだわらないのであれば、「あくまで色の問題であって、壁の状態がそこまで悪くなっているわけではないからもう少し月日が流れてから、外壁塗装をする」という考えに至る場合もあるかもしれません。


8:営業が多くなってきたか

営業マンは外壁のコンディションを軽く見てから訪問してきます。怪しいセールスのように、手当たり次第に家を回るような事はありません。必要であれば、営業マンに対して「具体的にどの部分のコンディションが、どうなってしまっているのか」も問うてみましょう。


9:時期による判断

あとは先ほどお伝えしたとおり、新築を基準に10年が経過したのであれば、外壁塗装を実行することを視野に入れてみてください。


外壁塗装の基礎知識|季節編

季節による外壁塗装申し込み件数の変化について

外壁塗装の注文が増加するのは

・5月20日~5月31日
・10月1日~11月30日

くらいの時期です。

やはり、「ちょうどいい気温のときに行いたい」「雨が多いときは避けたい」というニーズがあるのでしょう。ただ、直前に注文を受けてもすぐには工事を実行できない事が少なくありません。

大手企業に任せるのであれば12カ月、そうでない企業でも6カ月前までに注文を実行しましょう。もちろん、それより早い段階で相談ができるのであれば、それに越したことはありません。


「季節自体の特徴」とそれに伴う外壁塗装の仕方

1:春

降雨ペースは「数日おき」といったところ。晴れるとカラッとした空気になるので、外壁塗装がやややりやすくなりますが、「花粉」が少なくないという懸念があります。花粉が塗装直後に飛んでくると、外壁に色がついてしまう事があります。

ですから、塗装業者には「花粉の状態の把握」が求められます。あとは、お住まいのエリア次第では「黄砂」についても把握しておく必要があります。


2:梅雨シーズン

梅雨時になると、「気温が低くジメジメした気候」と「湿度が低い気候」のどちらかに分類できるような天気になりやすいです。原則として湿度85パーセント以上のジメジメした日は、外壁塗装がNGとなります。もちろんその他の状況によっては、そこまで湿度が高くなくても外壁塗装が実行できない場合もあるでしょう。


3:夏

湿度が高い。風は少ない。ただし、夕立の恐れがあるので、外壁塗装は降雨を考慮しつつ実行することになります。


4:秋

実は梅雨シーズンよりも降雨量は多くなります。また、台風等の影響で風雨が強くなるケースも。特に9月は台風の上陸リスクが最も高いです。台風のときは、足場や建物を守るために足場のネットを縛ることになります。外壁塗装は当然実行できなくなるので、完了までの日数が伸びてしまいます。


5:冬

実は外壁塗装に一番適しているのは冬です。なぜなら、天候が比較的穏やかだからです。外壁塗装ができるのは5度以上の場合。5度を下回るとできなくなります。また、夜露の影響があるので、14時になったらその日の屋根塗装は終わりとなります。もちろん、降雪時の塗装はNGとなります。


●まとめ 工事時期はいつでも構いません

ここまで季節自体の特徴と、それに伴う外壁塗装工事の仕方の傾向について解説しました。色々とお伝えしてきましたが、ハッキリ言って「外壁塗装工事を頼むのはいつでもいい」です。なぜなら信用性の高い業者であれば、そのタイミングに合わせた方法で外壁塗装をしてくれるからです。

ただし、地域によっては「この時期は毎日氷点下になる」など、外壁塗装が絶対にできないタイミングもあるかと思います。そういった時期だけは工事予約を避けましょう。

また、早め(1年以上前など)に予約の相談をすれば、「この時期なら工事がしやすい」などの事を業者に聞くことができるかもしれません。

※三島市・函南町の外壁塗装ガイドへ戻る

ページの先頭へ