外壁塗装と一緒にやるべきこと

外壁塗装工事オンリーにしてしまうのはもったいない!?

外壁塗装は平均して10年に1度、早ければ8年に1度、長ければ20~25年に1度前後しかしないものです。そして外壁塗装工事は、家の周囲に足場を作ってから進めていきます。

この足場があると、普通はチェックできないような細かい部分まで目を向けることができます。足場を組むのもタダではありません。と言うよりも、かなりのお金がかかります。ですから、外壁塗装工事をするのであれば、「他に何かできることはないかな」とじっくり考えてみる事を推奨します。

そうでないと、数年に1回、短ければ1年に1回くらいのペースで、何らかの工事をする必要性が生じてしまう恐れがあります。もちろん毎回足場を組む可能性が高いので、それだけ余計にお金がかかる事になりますよね。

では、「外壁塗装と一緒に終わらせたい作業」を挙げていきます。


窓拭き

あえて頼まなくてもやってくれる外壁塗装業者も多いです。いずれにせよ契約に関する相談の際に依頼しておきましょう。有料である可能性もありますが、拒否されることはまずありません。


雨樋のお手入れ

雨樋については、

・接続箇所がズレる
・接続が弱くなってくる
・ホコリが蓄積して水の流れがおかしくなりピンポイントで重さがかかる

などのトラブルが起きやすいです。上2つに関しては「漏れ」の原因になりますし、一番下については金具のズレに繋がる恐れがあります。

ですから、外壁塗装工事の際には雨樋のお手入れ(確認、掃除、修理など)も依頼することを推奨します。


屋根塗装

外壁塗装 函南町

外壁塗装工事と屋根塗装工事は一緒に終わらせたいものです。そうでないと足場関連の作業が1回増えることになるので、余計なお金がかかってしまいます。前後1~2年くらいであれば、「外壁塗装工事に合わせるために、屋根塗装工事のタイミングをズラす」という事をしても良いと思います。

また、「次回の外壁塗装工事・屋根塗装工事のタイミングを合わせる」ためにも、外壁塗装業者に塗料などを工夫してもらえるように相談することを推奨します。


屋根自体の確認・修理

「塗装」ではなく、屋根そのもののコンディションの確認・修理の事を指しています。これに関しては塗装に比べると、「この時期にすべき」という事はあまりありません。ですがずっと放置するのはマズいので、外壁塗装工事と一緒に済ませることを推奨します。

屋根のメンテナンスとしては、

・棟板金の釘の締め直し
・屋根瓦留め具の確認や修理
・屋根瓦漆喰の確認や修理
・屋根のズレや割れの調整

などがメインとなります。


屋根の掃除

「掃除」といっても「雑巾がけをすれば終わり」というものではなく、コケ・藻などの除去がメインとなりますので、それなりの労力がかかります。そのため、無料で引き受けてもらえる可能性は低いです。ただ、これについても当然外壁塗装工事と同じタイミングで済ませたほうがお得です。

ちなみに屋根の見栄えをあまり気にしないのであれば、省くことも検討してみてください。


網戸

外壁塗装は新築から10~20年程度で行うものですが、これくらいのタイミングでは網戸のコンディションもかなり悪くなっている可能性が高いです。足場を作ってあると2Fより上の場所の網戸の取り換えもしやすくなるので、頼んでみることを推奨します。ただ、1Fについては一般の方でも行えるかもしれません。


温水器

外壁塗装 函南町

「温水器が屋根に設置してあるけれど、そのままにしてある」という建物は案外多いです。これについても、塗装業者に頼むと取り外してくれるかもしれません。

ただ、サイズの関係上、温水器は基本的に分解してから撤去することになりますし、一つ一つのパーツもかなりの重量ですので、実は結構な費用がかかります(数万円はします)。ですが、塗装工事などで足場を作ってあると、これもやや安価で引き受けてくれる可能性が高いです。


雨戸

雨戸はだんだん錆びていくものです。特に海の近くに住んでいると、潮が原因でたった1年程度で目立つレベルで錆びてしまう恐れがあります。

ちょっとした錆に関しては「除去→塗装」でも何とかなるかもしれませんが、広い範囲に錆があったり濃かったりする場合は、雨戸そのものを交換したほうが安く済むかもしれません。

ちなみに雨戸1枚につき「塗装:2000~3000円」「交換:1万3000円前後」というのが相場となっています。


シャッター

・シャッターの新規設置
・雨戸からシャッターにチェンジ

などのことが可能です。興味があれば外壁塗装業者と話をしてみてください。

ですが、「窓付近を改造しないと、シャッターが取り付けられない」という場合もあるかもしれません。そうなるとさすがに塗装業者の守備範囲外となりますので、別の業者に依頼してください。


エアコンホース

新築から長期間放置していた場合、ホースやエアコンダクトの近くのテープのコンディションが酷い事になっている可能性が高いです。外壁塗装工事が完了すると壁の見た目が良くなるので、コントラストで、テープ等が目立つ恐れがあります。

ですから、業者に相談することを推奨します。ただ、足場があれば、素人でもテープのまき直しくらいであれば可能なはずです。


エアコン関係

足場があると、エアコンの取り換え・撤去も楽になります。費用も安くなるかもしれませんし、外壁塗装工事のタイミングになったら検討しておきましょう。


アンテナ関係

屋根等に不要なアンテナや配線が置いてあるのであれば、足場があるうちに撤去してしまいましょう。業者もタダでやってくれる可能性があります。


防水加工(ベランダ・屋上など)

外壁塗装 三島市

保護塗装を行うと、ベランダや屋上の床面の防水処理を十全に行うことができます。元々の状態が酷くなければ、それで10年前後は持ちます。ただ、床面のコンディション次第では、もっと大規模な防水処理が必須になる恐れがあります。


太陽光パネル

原則として、「太陽光パネルが設置してある場所の下(裏)」に関しては塗装を行いません。なぜなら、日光が届きにくいぶん劣化が極端に遅いからです。また、「パネルの撤去→再設置」の労力が大きく、コストが非常に高くなる場合が多いというのも理由の一つです。

ただ、太陽光パネルそのものもずっと放置していいというわけではありません。
必要に応じて塗装業者と話をしてみましょう。

※三島市・函南町の外壁塗装ガイドへ戻る

ページの先頭へ